銀行系キャッシングの審査基準は?

銀行系キャッシングの審査基準とは何でしょうか?

 

銀行とは法律上、都市銀行、地方銀行、信用金庫等が含まれます。

 

銀行からの借入を行うために必要となるのが、銀行系キャッシングの契約締結です。

 

 

ただ、お金を貸す側も、ビジネスとして貸金業務を行っています。

 

銀行系キャッシングの契約を行う際には、仮審査と本審査と呼ばれるものが行われます。

 

仮審査とは、お金を借りたい人が申込書に記入した物を、コンピューターで一括審査するものです。

 

一般的にこの審査基準は、どのような会社に、どの位勤務して、どの位の収入があるのか。

 

住所、氏名、年齢、自宅は持家か、賃貸か実家かなどを審査基準として調べることとなります。

 

 

その後、仮審査を受けた後に本審査となりますが、本審査はコンピューターと違い、全てを人がチェックします。

 

例えばどのような会社に勤務しているのかについては、大手民間信用調査機関のデータを活用し、その企業の継続性(この後何年間位、不安も無く、事業を継続することが出来るかなど)を人の目でチェックします。

 

この場合、審査中に他社からの借入を行ったなどは間違いなくマイナス要素となるので、ご注意ください。

 

その他、お金が急に必要な期間であることは理解出来ますが、携帯料金や公共料金の不払いも絶対的なマイナス要素です。

 

 

借入等があって、9月25日支払のお金を10月5日に支払ったなどはあまり考慮されません。

 

月を跨いで10月25日以降の支払は審査に響くのでご注意ください。

 

 

困った時には、必ず味方になってくれるローン、キャッシングです。

 

しかし、前述のように規制なども多く存在します。

 

正しい知識を身につけることで、自身に強い味方をつけましょう。