銀行系キャッシングは総量規制の対象?

キャッシングには、大きく分けて2種類あります。

 

消費者金融系キャッシングと、銀行系キャッシングです。

 

 

それぞれ利用するには審査に合格する必要があります。

 

審査には、本人の属性を確認する仮審査と、本人の借金の状況を確認する本審査があります。

 

仮審査と本審査は、さらに細分化された審査項目があり、これらすべてに合格して初めて、キャッシングを契約することができるといった流れです。

 

 

さて、これら二種類のキャッシングですが、消費者金融系よりも銀行系キャッシングのほうが審査は厳しい、と言ったイメージになります。

 

確かに、イメージだけではなく、実際に銀行系キャッシングのほうが厳しいという声が良く聞かれます。

 

しかし、状況によっては、逆に消費者金融系キャッシングのほうが厳しい場合もあります。

 

 

消費者金融は、貸金業規制法という法律の下で運営されています。

 

この法律の中には、総量規制というルールがあります。

 

総量規制とは、申込者の年収の3分の1までしか融資をしてはならない、と言った決まりです。

 

他の消費者金融と合算して3分の1まで、という規制です。

 

そのため、新たな借り入れをした場合3分の1を超える見込みが出た場合には、審査で落とされることがあります。

 

また、無収入の人なども、申し込み自体ができないということになります。

 

 

しかしながら銀行は総量規制の対象にはなっていません。

 

そのため、年収の額に関わらず、融資するかどうかは銀行の判断になります。

 

無収入でも返済能力のある人については、融資が可能です。

 

 

人によっては銀行系キャッシングのほうが審査は緩い、ということにもなるわけです。