銀行系キャッシングは主婦でも借りられる?

キャッシングという金融商品は、大きく分けると銀行系キャッシングと消費者金融系キャッシングとがあります。

 

消費者金融と聞くと、いまだにサラ金のイメージを思い浮かべる人がいます。

 

実際にはかつてのサラ金のイメージは全くなく、むしろ銀行に近い誠実ぶりなのですが、イメージが邪魔するならば消費者金融ではなく銀行にキャッシングを申し込んでみたほうが良いでしょう。

 

 

そもそも消費者金融には、総量規制といって、融資をするうえでの制限があります。

 

本人年収の3分の1までしか融資を行ってはならないとするものです。

 

そのため、例えば専業主婦などのような無収入の人では、消費者金融の審査以前に、申込の条件を満たしていません。

 

 

パートで僅かでも収入がある場合ならば、消費者金融でも申し込みが可能です。

 

しかし、無収入の専業主婦の場合は、むしろ銀行でしか申込めないというのが現状です。

 

 

では、主婦が銀行系キャッシングを申し込んで、実際に審査に通過するのでしょうか。

 

答えは、イエスです。

 

 

独身の主婦というのは存在しません。

 

必ず配偶者がいるから主婦という存在になれるのです。

 

つまり、本人名義の収入はなくても、本人が自由に動かせるお金はあるということなのです。

 

 

実質はお金の実権を握っていても、消費者金融では総量規制があるため申し込みができません。

 

だからこそ、銀行系キャッシングに申し込むべきなのです。

 

銀行は総量規制とは無関係ですので、実質的なお金の実権を握っている主婦ならば、申込をすれば審査に通る公算は非常に高いでしょう。