銀行系キャッシングはOLでも借りられる?

キャッシングには、大きく消費者金融系と銀行系があります。

 

消費者金融系よりも銀行系キャッシングのほうが審査は通りにくいと言われます。

 

しかし、どちらにしても、本人に安定的な収入が認められ、なおかつ過去に大きな金融事故を起こしていない限り、どちらでもう死んでも審査には合格するでしょう。

 

 

銀行系キャッシングの審査が厳しいというのは、ほぼイメージでしかありません。

 

あるいは、融資できるかどうかギリギリの信用力の人であれば、銀行系は落ちて消費者金融系に落ちる、といったこともあるでしょう。

 

しかし、上述の通り、安定収入と金融事故の有無。

 

この条件さえクリアしていれば、基本的に問題はありません。

 

 

では、正社員ではなくOLの身分であったとしても銀行系キャッシングは通るのでしょうか。

 

結論から言うと、全く問題なく通ります。

 

問題があるとすれば、再三上の話に戻りますが、安定収入科金融事故に問題がある場合です。

 

 

OLは正社員であることもあれば、契約社員や派遣社員である場合もあります。

 

アルバイトの身分もあるでしょう。

 

しかし、OLという人たちは、基本的に週5日働いています。

 

週3日だったとしても、その3日分の収入は安定的に入ってきます。

 

 

キャッシングの審査は、収入の額よりも収入の安定性を重視して合否を判断します。

 

確実に入ってくる収入が認められる場合、その収入の額とは無関係に審査には合格するものです。

 

収入の額は、融資限度額や金利を設定する際に使われるだけ、と考えても良いでしょう。