銀行系キャッシングは源泉徴収票が必要?

銀行系キャッシングへ申し込む時は源泉徴収を使うことが多いです。

 

多くの金融会社の申込条件においても必要書類の項目に源泉徴収が収入証明として必要ですと書かれていることが多いです。

 

しかし、銀行系キャッシングへ申し込む場合に必ずしも源泉徴収を利用しなければならないことはなく、給与明細でも確定申告でも収入を証明できる書類なら基本的には何でも良いので覚えておきたい知識です。

 

仕事をしていない人や自営業の人の場合は源泉徴収が無いので確定申告を利用しましょう。

 

銀行系キャッシングは会社によって収入証明自体が不要になっていることがあります。

 

収入証明が不要ならば源泉徴収は必要ありません。

 

この収入証明不要でキャッシングを申し込む場合は利用条件を見ておかなければなりません。

 

キャッシングの申し込み時に収入証明は必要ないけれど、借りることができる限度額が小さくなっています。

 

いくらまでなら収入証明不要と各社で決まっているので、その限度額を調べてから申し込みましょう。

 

もし、大きな金額を借りたい場合は必ず収入証明が必要となってくるので、自分が用意できる収入証明書を準備して申し込むと良いです。

 

このように銀行系キャッシングは収入証明が不要で申し込めるケースがあったり、収入証明は絶対に源泉徴収が必要なのではなく、給与明細や確定申告など他の収入証明の書類でも申し込めることを覚えておきましょう。

 

分からない点は各社へ問い合わせてみると良いです。