銀行系キャッシングの借り換えのポイントは?

例えば、どこかの消費者金融系キャッシングを利用していた場合、それなりの金利を支払って返済していることでしょう。

 

契約時のあなたの信用力が、そのまま限度額と利率になっているはずです。

 

 

しかし現在、契約していた当初よりも年収も上がり、安定的な収入も得られているとするならば、より条件の良いキャッシングに借り換えをするのも一つの方法です。

 

慣れ親しんだカードですから、切り替えるのは面倒というのもあるでしょうが、限度額も上がり利率も下がるならば、やはり借り換えを検討すべきでしょう。

 

 

契約当初は銀行系キャッシングの審査が厳しかった人も、現在では大丈夫な場合もあります。

 

消費者金融系キャッシングを利用していた時期が1年以上もあるならば、その返済履歴もしっかりと残っています。

 

かつてより収入が上がり、安定的になり、消費者金融への返済も問題なく行われているならば、銀行系キャッシングで借り換えをして、消費者金融に一括返済してしまったほうが、結果的に返済総額を減らせる可能性が高いでしょう。

 

 

ただし、借り換えをすることによって多少なりとも不利になる場合もあります。

 

その点を消費者金融で相談するのなく、借り換えを予定する銀行の窓口で相談してみましょう。

 

銀行系キャッシングに切り替えて一括返済した場合、どのようになるかを計算をしてもらうのです。

 

銀行は、新たな顧客の獲得チャンスでもあります。

 

快くあなたの相談に乗ってくれるでしょう。

 

もし、借り換えをしないほうが有利となった場合でも、銀行系キャッシングの審査に通りそうならば申し込んでおいたほうが良いでしょう。