銀行系キャッシングはばれないって本当?

銀行系キャッシングはキャッシングのなかでも、収入が無い主婦でも利用ができ、また大手銀行が事業者であるため安心感が強いというメリットがあります。

 

 

また銀行系キャッシングでは「利用してもばれない」ということが言われるようになっているのですが、これは本当なのでしょうか。

 

 

これについては「しっかりと注意していればばれない」ということが正確な答えになります。

 

 

例えば銀行系キャッシングでは月々に、契約者の利用している金額の通知が自宅に送られてくることがありますが、こうした書類が家族の目に触れることがあれば、ばれないとは限りません。

 

 

ですがそうした手紙にも、封筒に「キャッシング利用金額のお知らせ」というように書いているわけではありませんから、事前に「銀行から手紙が来るから置いておいて」というように家族に伝えておけば問題が無いことがほとんどでしょう。

 

 

これよりも注意したい「絶対にばれる原因」になるのが、利用トラブルがあった場合です。

 

 

例えば返済延滞があったり、銀行系キャッシングから電話連絡があったという場合にそれを放置してしまっていると、運営者としては「とにかく連絡を取らなくてはならない」ということになりますから、電話に出たのが借り入れをした本人以外であっても借金の事実を伝えることがあります。

 

 

こうなってしまうと借り入れをしているひとがどれだけ「秘密にしてほしい」と思っていてもそれが難しくなってしまうのです。

 

 

これらが銀行系キャッシングは「しっかりと注意していればばれない」といえる理由なのです。