銀行系キャッシングは審査が通りやすいって本当?

銀行系カードローンはカードローンの中でも銀行が経営の主体となっている業者のことを指します。

 

 

この銀行系カードローンは消費者金融系カードローンよりも安心感が強く、また借り入れ条件も好条件になることが多いため人気があるのですが、それでは「銀行系カードローンは審査が通りやすい」というのは本当なのでしょうか。

 

 

これについては色々な見方をすることもできますが、「消費者金融系カードローンよりも審査は通りやすいとは言えない」というのが一般的な見方になっています。

 

 

これはなぜかというと、まず一つ目の理由として「銀行系カードローンでは個人の信用が非常に重視されやすい」という特徴があります。

 

 

もちろんカードローンという事業において個人の信用が重視されるのは当然なのですが、銀行系カードローンでは「勤めている会社の規模」や「役職・勤続年数などの雇用状況」がかなり重視されます。

 

 

こうしたポイントが評価されていく結果、消費者金融系カードローンでは融資を受けられたアルバイトの人などが融資を受けられないということは、残念ですがあり得ることです。

 

 

とはいえ年収が全くない専業主婦などだと、総量規制の影響を受ける消費者金融系カードローン審査を通過することは不可能であるのに対して銀行系カードローンは利用できるという形になるのですから、これは「審査が通りやすい」と言えます。

 

 

審査についてはそれぞれの消費者の情報によって結果が大きく変わってきますから、まずは窓口やオペレーターに確認をとり、自分でも問題が無いかどうかを聞いてみると良いでしょう。