銀行系キャッシングは電話確認が必要なの?

最近、テレビや雑誌、電車の中吊り広告などで、よくキャッシングの宣伝を見ませんか。

 

今や多くの人が利用しているドローン。

 

カード一枚あれば、限度額の範囲内で、何度でもお金を借りることができます。

 

その利便性が噂となり、現在の広告の氾濫状態にも至ったのです。

 

 

さて、キャッシングには、大きく分けると銀行系キャッシングと消費者金融系キャッシングとがあります。

 

いずれを申し込みにしても、必ず審査に合格しなければなりません。

 

審査の最終段階に、会社への在籍確認というものがあります。

 

実際に金融機関の担当者が、申込者の勤務先へ電話する、といった作業です。

 

 

この電話が嫌だという事で、申込を躊躇している人もいるとの事です。

 

確かにその電話で借金をすることが会社にバレてしまっては、どこか肩身が狭くなります。

 

そのため、最近では在籍確認を書類の提出鑿とする消費者金融も増えています。

 

 

しかし、原則として、銀行系キャッシングでは、在籍確認の電話は入ります。

 

それは承知しておいたほうが良いでしょう。

 

もっとも、銀行名を名乗っての電話ではなく、個人名で電話がかかってくるので、会社にバレるといったことはありません。

 

 

また、もし銀行名で電話がかかってきたとしても、何か怪しいことはあるでしょうか。

 

誰かが出て、あなたにつなぎます。

 

あなたが出た時点で、在籍確認は終わりです。

 

会社の人に何かを問われたら、クレジットカードの在籍確認でした、と応えておけば何も問題はありません。

 

 

銀行系キャッシングの在籍確認と、クレジットカード契約の際の在籍確認とは、何ら違うものではありません。