銀行系キャッシングのメリットとは?

最近テレビコマーシャルなどでも頻繁に流れている銀行系キャッシングですが、このキャッシングはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

銀行系キャッシングのメリットを語る上で、総量規制の存在なしには語ることができませんので、総量規制についてまずはご説明いたします。

 

総量規制は2010年に制定された法律であり、貸金業者に対して貸付金額の上限を利用者の年収の3分の1以下に制限指せるように命じた法律です。

 

つまり、キャッシング利用者は年収の3分の1までしか借りられないということであり、専業主婦などの収入のない方は1円も借りることができないということです。

 

そして、銀行系キャッシングですが、この総量規制の対象にはなっていないという点で、かなり大きなメリットがあるのです。

 

つまり、専業主婦のような収入のない方も利用することができますし、年収の3分の1ルールの適用もありませんから、審査次第ではそれ以上に借りることも可能です。

 

また、主婦の方が利用する場合であっても、ご主人の年収は審査の材料になりますが、同意書や収入証明書の提出は求められませんので、ご主人に内緒でお金を借りることができます。

 

また、消費者金融よりも金利が低めの設定になっていますので、この点も大きなメリットだということができるでしょう。

 

銀行内に設置されているローン専用申込機を利用すればその日のうちにカードが発行され、即日融資を受けることも可能です。

 

銀行系キャッシングはとてもメリットのあるキャッシングなので、大変おすすめです。