銀行系キャッシングのデメリットとは?

現代の社会では様々な事業が行われるようになっており、その事業の在り方も様々に多様化するようになっています。

 

そうした事業の中には近年になって急激に数を増やした事業というものもあるのですが、その中の一つが銀行系キャッシングです。

 

銀行系キャッシングはそれまでの消費者金融系キャッシングとは異なるメリットも非常に多く、消費者にとっては非常にありがたい存在になっているのですが、銀行系キャッシングにある「デメリット」とは何なのでしょうか。

 

これはまず「審査に時間がかかる」ということが挙げられます。

 

銀行系キャッシングは消費者金融系キャッシングよりも個人の信用調査を入念に行う傾向があり、それぞれの勤め先や収入状況、借り入れ状況なども詳細にチェックします。

 

そのため審査に時間がかかるということが傾向としてあり、「即日融資」なども難しくなっています。

 

これは銀行系キャッシングが抱えるデメリットの一つだと言えるでしょう。

 

またデメリットとして言えるのが「消費者金融系キャッシングよりも融資基準が厳しい傾向がある」ということです。

 

消費者金融系キャッシングでは多少収入状況は雇用形態に難があったとしても融資をしてもらえますが、銀行系キャッシングでは少しでも問題があると融資をしてもらえないということがあり得ます。

 

最近では貸付残高を増やすため、より多くの消費者に対して融資をしようとする動きもありますが、消費者金融系キャッシングと比較すると融資基準は厳しいということは変わりません。

 

銀行系キャッシングは様々なメリットがあるということは事実ですが、デメリットもあるということは理解する必要があります。