銀行系キャッシングなら低金利って本当?

キャッシングには大きく分けて、銀行系キャッシングと消費者金融のキャッシングとに分かれます。

 

どちらも現在は上限金利は同じで、10万円以下の借入では年利20.00%まで、100万円以下の借入では18.00%までとなっています。

 

以前のようなグレーゾーン金利が廃止され、消費者金融はグレーゾーン金利、銀行は正規の金利と言うようなはっきりとした差はなくなっています。

 

では銀行系キャッシングも消費者金融も同じになっているのでしょうか。

 

いいえそんなことはありません。

 

やはり銀行系キャッシングの方が低金利です。

 

一般的に良くある上限額100万円以下の借入の場合ですと、法律で決まっている上限金利は銀行でも消費者金融でも同じ年利18。

 

00%ですが、実際には銀行系は15%以下の場合が多く、それに対して消費者金融は18.00%であることがほとんどです。

 

もちろん銀行系でも18.00%の金利を取っているところもありますし、様々なのですが、やはり一般的には低金利です。

 

銀行系の方が大きな金額に力を入れているためか、100万円以上の上限額の金利に近い低金利をそれ以下の借入にも適用していることが多いようです。

 

また銀行系キャッシングは金利の競争に成っている面があり、各社で低金利を競っている面があります。

 

低金利であれば審査を厳しくすることも出来るので、より低金利にすることで、より良い顧客をを求めているともいえます。

 

ですから自分の信用に自信があるのなら出来るだけ低金利の銀行系を申し込むのが良いでしょう。